鶴川・丘陵地の家

東京都町田市

開発された大規模な住宅地の一角に建つ家です。

道路から敷地が1.5M程度高くなっており、玄関までのアプローチや庭をどのように設定すべきか話し合いながら進めました。

内部は吹き抜けでつながり、ワンルームのような構成としています。陽当たりの良い南面に物干しデッキだけでなく、洗面室、

浴室などの水廻りを配置したこともプランの特徴となっています。

​材料のセレクトにもメリハリをつけコストパフォーマンスの良い住宅に仕上がりました。

DATA

所在:東京都町田市   竣工:2018年
構造:木造在来工法 2階建て
敷地面積:140.63㎡(42.54坪)   建築面積:55.89㎡(16.91坪)   延床面積:93.92㎡(28.41坪)
施工:株式会社 デライトフル   撮影:石田篤

瓦屋根の平屋です。昭和初期の文化住宅というキーワードがあり、建主さんと意見交換・試行錯誤しながら創りあげました。

野毛山の閑静な住宅街に建つ住宅です。

​格子が特徴で、外観にも内部にも格子のデザインを多用しています。

丘の上に建つ住宅です。駅から20分坂道を歩き、てっぺんまでたどり着くと給水塔が見えて来るのですが、敷地はその隣にあります。

大型犬2匹と暮らす住宅です。プライバシーを確保しつつ開放感のある生活を希望して、中庭のある設計をリクエストされました。