top of page

小さな家、その後

先日、昨年の2月に竣工した「富士見町の家」を訪ねました。

建築家仲間の友人に、竣工写真の撮影をお願いしました。

とてもキレイに生活されていて嬉しくなってしまったのですが、

大工さんのご実家なので、いろいろとバージョンアップしていました。


スロープに手摺がついていたり、家庭菜園が登場したり、鉢植えが増えていたり、そういうのを見ると住宅ってやっぱり「暮らし」が大切だなっと感じます。


そして、植木は1年経つだけで随分とモリモリしてました。

ツワブキとマホニアの増殖ぶりはなかなかで、随分と雰囲気も良くなりました。


下の写真は竣工時のものです。

見比べて見てください。


頑張って植栽も入れてもらいましたが、やはり1年経つと馴染んだ感じに見えませんか?

玄関の木製建具のエイジングとか、ブラインドが入った窓辺とか、なんか少しずつ成長してますよね?

竣工写真が仕上がりましたら、内観やスナップ含めて改めてご紹介したいと思います。


この家、私、好きなんですよね。

コンパクトなのも、Miniっぽくて好みなのかもしれません(笑)


この日は大工さんも立ち合ってくれて、いろんな話しを伺う事が出来ました。

楽しい時間だったなあ。

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page