別荘の浴室

那須の別荘の浴室です。

別荘ですから、お風呂は大きめにして、外を眺めながら入れるように計画しました。


板塀で目隠しを作って、外からの視線をブロックしています。

撮影の後、窓に面してもう少し植栽が入ったようで、更に良い景色になったようです。


写真には写っていませんが、シャワーの右側は高窓になっていて、中庭のデッキに面しています。

視線を遮りながら換気が出来るようになっています。


本当は別荘地で「温泉が引けますよ、、」ということだったのですが、

温度が低く給湯器で沸かし直す必要があるとか、その給湯器や浴槽が温泉の成分で長持ちしない、、などの理由で、今回は通常のお湯になっています。