ある日の会話

先日、お店でお酒が呑めるようになったある日の会話。

大好きなイタリアンのお店で、早めの時間からワインを呑みました。


家内は私を指さしつつ、お店のマダムに「お店でお酒が呑めるのが嬉しくて仕方ないみたいですよ」と。


それに応えてマダムは「私達はお酒を出せるのが嬉しくて仕方ないです」って。

皆で笑いながら、良い時間でした。


帰り際に、次の予約をお願いして、「次はアクアパッツアをお願いします」と伝えました。


さて、次の食事でワインは呑めるんでしょうか?

呑みたいな、、、、って思います。


出したいけど出せない。

呑みたいけど呑めない。


誰のためのなんなんでしょうか??

いつまで続くんでしょうね、、、、、、。

もう夏ですね。

写真は萩とレトロ扇風機。